読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日

f:id:aadbaron1:20151018115915j:plain

2016年版も買いました。ほぼ日手帳です。公式ショップ 10,260円(送料込)

今回購入したのは、

-ほぼ日手帳2016(日曜始まり)

-カバー(ブルー×ネイビー)

-しおり(connesso オリジナル用B)

-ほぼ日の下敷き

-ほぼ日のカードアルバム

-ほぼ日手帳公式ガイドブック2016

です。後はいつもの、公式ショップ購入特典のポケットティッシュカバーとボールペンのおまけ。

 

f:id:aadbaron1:20151018120319j:plain

ボールペンは同じ種類で色だけ鮮やかな黄色になりました。ポケットティッシュカバーは少し大きくなって、ポケットティッシュを袋ごと入るようになって使い勝手UP。2015年版は袋ごとは入らなくて中身だけ取り出して入れないといけなかったんで結局1度も使わなかったんだけど、今年のは使える!!おまけなのに進化しててビックリですw

 

f:id:aadbaron1:20151018120647j:plain

カバー紹介です。早速、今年の手帳を入れてみました。表紙と裏表紙を手帳の左右ポケットに入れるので、しっかりと固定されます。カバーにしおりが2本付いてたのを買ってから気がつきました。しおり買ったのに無駄だったなぁw

 

f:id:aadbaron1:20151018120839j:plain

中身が見えやすいように輝度上げて写真撮りました。左側にチラッと見えているのが全国主要都市路線図、緑色のがテンプレート(定規)、その下が昨年亡くなった愛犬の写真、右側のメッシュポケットにはボールペンの予備リフィルとカードタイプハサミ、隠れていますが、右側ポケットには今回購入したカードアルバム、いつも使っているペンを指しています。5色ボールペンで直径15mm程度ある太めのボールペンですが、 ペンホルダーにはまだ余裕があるので、もう少し太いペンでも大丈夫そうです。左側に7ポケット、右側に2ポケットあるので何を入れようか迷うぐらいですw

 

f:id:aadbaron1:20151018121446j:plain

ちょっとわかりにくいと思いますが、メッシュポケット口は折り返しのある蓋がある構造になっているので中身が飛び出すことも無さそうです。

 

f:id:aadbaron1:20151018121743j:plain

外面にはポケットがあります。伸縮性のあるネオプレンという素材なので入れようと思えば分厚いものでも入ります。iPhone6s Plusも入りましたが入り口が狭く、出し入れしにくいので実用的ではありません。パッと見、手帳カバーに見えないところと、鮮やかなブルーが気に入ってます。

 

f:id:aadbaron1:20151018122406j:plain

去年は完売で購入できなかったカードアルバム。表紙を開くと最初と最後のページはハガキサイズが入る大きなポケットになっています。

 

f:id:aadbaron1:20151018122549j:plain

2ページ目以降は、クレカサイズを表裏2枚ずつ入るページが16ページあるので合計で32枚まで収納可能です。

 

f:id:aadbaron1:20151018123517j:plain

下敷きはデザインは2015年版と全く同じで色が違います。下敷きがあるだけで、かなり書きやすくなるのでオススメです。いや、むしろ必須ですw 2015年版下敷きは全然ヘタることもなく普通に使えるのですが、2016年版の色が綺麗なので買ってみました。2016年になったら新しい下敷き使おう♪

 

今年の5/17から使い始めた、ほぼ日手帳。書き方も決まってきて、毎日の食事の内容、購入したもの、やったこと等々、日記のように使っています。日々の何気ないことほど記憶に残らないもので、そういったことを書き留めて後で見返すことで、ちょっとした幸せを感じることができます。きっと来年も、さ来年も、その先もこの手帳を使い続けると思います。

 

ほぼ日手帳公式ガイドブック2016 This is my LIFE.

ほぼ日手帳公式ガイドブック2016 This is my LIFE.

 

公式ガイドブックは、まだほぼ日手帳を使ったことがない方には、どういった手帳なのか、毎年発売されるカバーのデザインなど、公式と謳うだけあって、ほぼ日手帳のことが詳しく紹介されています。ほぼ日手帳を愛用している私がガイドブックを購入する理由は、他の方の手帳の使い方が紹介されているのに、とても興味があるからです。手帳の使い方は千差万別。スケジュール帳として、日記として、またはデザイン帳や落書き帳、スクラップ帳などなど自分とは違う使い方、色んなアイディアで楽しく使われている方の意見が非常に参考になります。自分でも真似してみたりして、より楽しく手帳を使うことができます。読み物としても、おもしろい本なので、ほぼ日手帳に興味を持った方は手に取っていただきたい1冊です。