読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Paper White


Kindle Paper White買いました。
前から気になっていたんですが、電子書籍を読もうと思えばiPad miniでも見れるし
何より電子書籍ストアがたくさんあり過ぎてどこで買えばいいのか
わからなくて二の足を踏んでいました。


実際に本を買うのと違って、電子書籍はあくまでもデータ。
データ管理をするのはこっちではなくてストア側なのでぶっちゃけストア潰れたら、
購入したデータはどうなるの?的な不安が頭をよぎります。
と言う事で、まぁAmazonなら潰れないでしょーっと何の根拠も無く思い込んで
Kindleを買うことにしました。



Paper White購入者がまず驚くのが、この画面。
出荷時に液晶を保護するためのフィルムに印刷されていると思いきや、
実際に電子インクで表示されている画面なんです。
本当に紙を見ているのと変わらないですね。普通のタブレットよりも
断然こっちのほうが見やすいです。



電源ONすると、スタート画面が表示されます。
ふちがモアモアってなってるのは、バックライトの不具合とかではなくて
実際にこういう風に表示されてます。モノクロ液晶ですがグラデーション階調は
自然です。タッチパネルの手触りがサラサラしていて指紋も付きにくい感じです。



とりあえず、サンプルをダウンロード。
ジョジョの中でも1番好きな第3部。字だけでなく漫画の絵も見やすい。
ただ、横画面表示にすると、さすがに字が小さくて見えないです。
漫画は見開きで描かれていることもあるので、できれば横画面で読めるのが理想。
iPad miniでは横画面でも十分読めるので、やはりiPad miniの大きさは絶妙ですね。
しかも、漫画はカラー版なるものがあって、驚きのフルカラー。
前ページカラーなんて凄くないですか?
カラーで読む場合はiPad mini、外出先で読みたい・またはカラーじゃなくても良い場合は
Paper Whiteですね。



角を合わせて撮ったつもりが、ズレているように見えますね・・・
まぁ、だいたいこんな感じで、iPad miniと比較すると、かなり小さいです。
重量は213gと大きさの割にはちょっと重い気が。もう少し軽いといいかなぁ。



電源オフにした画面です。画面が表示されているのが変な感じw
しばらくしたら消えるのかなぁとジッと見てしまいました。


Paper Whiteには3G版もあるんですが、購入したのはWi-Fi版です。
活字の書籍はデータ容量が小さいので3Gでダウンロードできるそうですが、
漫画はデータ容量が大きいのでかなり時間がかかるとのこと。
iPhone5があるので、もし外出先でダウンロードしたいときがあれば
テザリングできるし、3G版12,980円と比べてWi-Fi版は7,980円と安いのも魅力。


液晶保護シートや本体カバーなど周辺機器は何も買ってません。
このまま裸で使おうと思います。7,980円の本体に何千円のカバーとか無駄な気がして。
持ち歩くときは、さすがにこのままカバンに放り込めないので、
百均でポーチでも探してこようかな(*^-^)ノ


電子書籍は、普通の本を買うより値引きされていたりAmazonポイントが
付いたりするので安く買うことができます。手軽で便利な反面、
ついつい買い過ぎてしまいそうなのが怖いですが。



ぶっちゃけ、タブレットを既に持っている人は、電子書籍が読みたくなっても
そのタブレットで読むことができるはずなので、Paper Whiteを買わなくてもいいと思いますw
メモリも2GBと少ないので、思ったほど、たくさんの本を持ち歩くこともできないですし。
個人的にはPaper Whiteの強みは「電子インクの見易さ」と「Amazonという安心感?」だと
思いますので、その辺りに共感された方は購入しても損はないかと。


携帯電話が電話以外の機能を拡充し肥大化して、スマホもしかり、家電もしかり、
何でも多機能になって便利なんだか不便なんだか、きっと誰もわかっていないだろうこの時代に
これほどシンプルな製品は無いと思います。しかも、これが売れていると言う事実。
そんなに大げさなものじゃないけど、こういった製品を求めている消費者がいるということを
メーカー側もわかって欲しいなぁと思ったりしました。話が脱線してすいませんw