読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮島旅行3 〜宮島水族館編


右側の建物が宮島水族館です。厳島神社からさらに徒歩10分。
概観は水族館に見えないほど地味w



入館料は大人1,400円。



入館してすぐある、牡蠣いかだw
牡蠣の隙間が魚の隠れ家になっているようでした。



牡蠣水槽の上からは箱めがねで覗くことができます。



スナメリのプール。4/13に赤ちゃんが誕生したそうですが、
残念ながら4/21に亡くなったそうです。
お母さんスナメリの産後の体調を考慮して、現在はこんな感じで
遠めからしか観覧できなくなってました。



歩きっぱなしで疲れたので大水槽の前のベンチで休憩。
この水族館の魚は人間好き?なのか、人が通るたびに
水槽前に近づいてきて愛嬌をふりまいてくれます。



宮島水族館は瀬戸内海の身近な魚の展示が多いんですが、
こういったいわゆる熱帯魚もいます。カラフルで綺麗ですね。



チンアナゴ。砂地からにょろにょろと出てる臆病な魚。
結構いろいろな水族館で見かけるので、そんなに珍しくないんですが、
見た目がかわいくてお気に入りです。



ペンギン。フォルムも動きもユーモラスでかわいいですね。
ずっと見ていられます♪



4/19に生まれたばかりのゴマフアザラシの赤ちゃん。
左側で爆睡してるのはお母さん。



麻呂まゆげがかわいいですねー。



生後10日足らずですが、上手に泳いでいました。
お母さんと仲良く、いつも一緒です。
本当にかわいくて、30分ぐらいずっと見続けてしまいました(*^-^)


水槽中の魚の写真は、ぶれたり考量が足りなくて暗かったり
なかなか難しいんですが、動画から切り出す方法なら
割と簡単でしっかり写ってます♪