読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Getしてました


3月下旬にドイツより帰国して無事Airゲットしてたんですが、
帰国直後からインフルエンザで約2週間寝込んで、その後仕事が急に忙しくなって
GW前にやっと一段落。ようやくブログを更新できる時間が取れました。


購入前は色々迷いましたが、結局ノーマルバージョン11inch Airをネットショップで
約7万円とお安くGetしました。今更、開封レビューもなんなので、
Airと一緒に購入したものをメインで紹介したいと思います。


まずは「FUSION5」。言わずと知れた、mac上でWindowsを動かすための
エミュレータです。仕事でAirを使いたいので、Windowsは必須。
Windows7発売当初キャンペーンで、安いからとりあえず買っておこう作戦で
GetしていたWindows7 Proffesionalをインストールしました。


ノーマル版Airではメモリもストレージも少ないので、
動作厳しいかなぁと思っていたのですが、普通に使えます。
仕事で使う開発環境(TurboC++、VB6、C#など)も難なくインストールできて
普通に使えてます。現時点でのストレージの空き容量が約70GB。
まだOfficeやその他、インストールしていないアプリケーションもあるので
やっぱりSSD128GBだと空き容量がちょっと心もとないですね。
まぁ、購入前からの想定範囲内なので、外付けHDDで少ないストレージはカバーします。



Air用ハードカバー。「speck社 SPK-MBA11-SEESAT-ABG」です。
サラサラ触感で手に気持ちいいです。そして、何より勝手にマイライフカラーと
呼んでいる「紫色」。3度の飯より紫色好きです。嘘です。ご飯大好きです。
何かを買うときは必ず真っ先に紫色が無いか探してしまいます♪
ある意味、カラーバリエーションが豊富な商品でも、迷うことなく紫色を選べるので
楽と言えば楽かも。



まとめてドーン!とりあえず、本体購入前にあれこれ考えて、必要と思われるものを
まとめて買いました。



Gigabit Ethernet + 3-Port USBハブ
まだまだ仕事では有線LAN使うんです。最初はThunderboltのイーサネットアダプタを
購入しようと思っていたのですが、仕事中は外部ディスプレイで使うので、
1つしかないThunderboltポートは後述するHDMIアダプタで使うことにしました。
よって、USBタイプのイーサネットアダプタを探したんですが、
ギガビットタイプで、かつUSB3.0対応の製品ってなかなか無いんですよねー。
しかも、Airの周辺機器はなるべく白色で統一したい・・・とか考えてると
ますますありません。で、前置きが長くなりましたが、mac専門店で有名な
秋葉館で見つけた「kanex社 DualRole Gigabit Ethernet + 3-Port Hub」を
買いました。7,980円と高価なので最初は迷いましたが、USB3.0が3ポートあるので、
イーサネットアダプタとUSBハブを買うことを考えたら、それほど高くない。
しかも、本体は白色!



しかも、こんな感じでUSBケーブルを収納できてコンパクト。と言う事でゲットしました。
ところが、FUSION5上のWindows7では・・・




こんな感じで不明なデバイスで認識されてしまいます(・Θ・;)
Kanex社のHPでWindows用のドライバをインストールしてみたのですが、
結局不明なデバイスが消えることはありませんでした。
と言う事で、このまま使うのも気持ちが悪いので、とりあえずmacに接続して
使うことにしました(FUSIONをインストールするとmacに接続するか
Windowsに接続するか選択できるので)。
USBメモリや外付けHDDを接続してみましたが、macでは問題なく使えてます♪


また、macに接続しても、FUSION5は賢いので、Windowsと共有フォルダを介して
ファイルのやり取りができたり、またmacに接続した外付けHDDのファイルを
Windowsのアプリケーションで開いたり、mac<->Windowsを意識することなく
ファイルを扱えるので全く問題ありません。なので、周辺機器を接続するときは
全部ネイティブな環境のmacに接続する使い方が安定していて精神的にも
いい感じがしました。


ということで、まだ紹介が残っているのですが、
長くなってきたので、残りは次回にしたいと思います。
良かったら、次回も読んでください(^▽^)/